プリザーブドフラワーの作り方 プリザーブドフラワー

☆プリザーブドフラワーの始め方で困っていませんか?
初心者が簡単に上達するプリザーブドフラワー講座(DVD付)を、初版限定価格で販売中!!
興味のある方はこちら ⇒ プリザーブドフラワー講座

素敵なギフトにお薦めな美しさを宿し続ける生花なのに
枯れないお花を翌日配達



プリザーブドフラワーの材料

プリザーブドフラワーの花材料などを紹介していきたいと思います。
プリザーブドフラワーには、使用できる花材料は限られています。

そのなかで、花材料のタイプは2つあります。
その二つとは花類と葉っぱ類です。
その葉っぱ類は非常にたくさんの花材があるのにたいし、花類はまだまだ種類が少ないのが現状だそうです。
下の花はプリザーブドフラワーの花材として使えるものたちです。
バラ・カーネーション・ラン、トルコキキョウ、ダリア、カサブランカ、スカビオサ等は最近では技術の向上により使われるようになりました。

現在は花びらが薄く崩れやすいものでも花材として使える様になりました。
これからもどんどん花材料の種類は増えていくと思います。
そうなるとどんどん幅が広がって楽しい事間違いなしです。
プリザーブドフラワーとはなんなのか?

生花に、ブリザーブド加工という特殊な加工を施し生花のフレッシュさを長い間保つ事が可能なお花です。
使用されている着色料、薬品はメーカーにより違いがありますが
オーガニックな、物や人体、環境に悪影響名材料は使っていません。
薬剤を植物が自分で持っている自然な力で吸い上げていくため人工的な着色では出せない、自然な風合いをだすことができます。

そのプリザーブドフラワーは元々ヨーロッパから広がったそう。
1991年にフランスのVermont社(ベルモント社)がパリで発表した「長寿命な切り花の製造技術」からプリザーブドフラワーはスタートしました。


プリザーブドフラワーアレンジ・ボックス2

プリザーブドフラワーの花材

造花だと思い込んでいる人が多いプリザーブドフラワーは、本当の花材は生花でできているのです。
それが、プリザーブドフラワーです。

ブリザードは、「保存する」という意味です。
ではプリザーブドフラワーは、どうやって花材を作るのでしょう?
けっして難しいことはないのです。

プリザーブドフラワーを自分で作ると自分の好きなカラーにすることができるのです!

プリザーブドフラワーの専用の液体に、生花を浸けておくだけでいいのです。
具体的に言うと、最初に花材となる生花を用意します。
作りたい色の専用の液を用意します。
そしてそこに浸けておきます。

1週間ほどしてから、取り出して、乾燥したら出来上がりです!!
プリザーブドフラワーのいいところは、長い間姿が変わらず長持ちするところです。
しかも、生花みたいに水をあげなくてもいいのです。

しかも日に当てる必要もありません。
それなのに、触った感触は柔らかくて、生花を思い出させてくれるのです。
それに花材に生花を使うので、まったく同じ物は世界に存在しません。

まったく自分のオリジナルの花材が出来上がるのです。

でも、花材は生花を加工した物ですので、高温多湿や直射日光には弱い部分もあります。
それと、ディスプレイとしてずっと飾っていると、ホコリを被ってしまいます。

でも掃除をすることもできるし、もし壊れてしまった場合、接着剤等で直すことも可能です。
そんな生花を花材としたのが、プリザーブドフラワーです。


プリザーブド・ブーケ プリザーブドフラワー 花束:プレゼント:豪華

プリザーブドフラワー教室

プリザーブドフラワーの大阪・ギフト贈物・販売店。

贈り物にはプリザーブドフラワーは最適な加工花だと思います。
お祝いや記念日などに友人などにプリザーブドフラワー贈ると誰もが喜んでくれます。

またお部屋にスタイリッシュな花が飾られていると、その部屋も雰囲気も美しくなります。
見違えるほど華やかになること間違いなしです。

ここではプリザーブドフラワーの多種多様なアレンジメントなどを行っています。
通販での販売もしています。

プリザーブドフラワーの教室も開催していますので資格などを取りたい方は是非参加してください。
●大阪市北区天神橋2丁目北1番1号・http://www.adonisg.com/index.html



プリザーブドフラワーの鹿児島・ギフト贈物・販売店「四季」。

生花と変わらない色合いのプリザーブドフラワーは、さわり心地がソフトです。
水やりもしなくていいし、ウエディングブーケなど、記念に残るフラワーギフトです。

プリザーブドフラワーは、だいたいは3年〜5年はもつといわれています。
プリザーブドフラワーは生花に比べると少し高値になりますが、長くもつし、手間もかからずプレゼントすると非常に喜ばれます。

通販でもご利用になれます。

プリザーブドフラワー教室も開催していますので、自分でプリザーブドフラワーを作ってみたい方など気軽に是非ご利用くださいませ。
●鹿児島県鹿児島市真砂本町41-4・http://www.shiki-087.biz/


カラーインパクト・オレンジ プリザーブドフラワー 記念日:オレンジ:アレンジ

プリザーブドフラワーの作り方

プリザーブドフラワーは自分でも作れます。

実はプリザーブドフラワーは自分でも作る事ができます。
フラワーショップや通販などを利用して購入したりして、プリザーブドフラワーを作るのに必要なキットをそろえましょう。

作り方などは関連書籍を購入して参考にしたらいいと思います。
プリザーブドフラワーは購入すると高いと思われる人が多いようですが、生花と比べてみるとそんなに高いとは思いません。

確かに最初のほうは保存液、薬品などが高価で、加工自体にも手間がかかります。
しかし、生花を5年間同じ花を買い換えたりするよりは、結果として安く上がります。

さらにプリザーブドフラワーを趣味としている人たちにとってはいい話なのですが、プリザーブドフラワーの仲間がいるフラワー教室が増えてきています。

興味がある人、気になる人は、インターネットなどで近くに教室があるかなど調べてみるといいと思います。
同じ趣味を持つ人がいると話も弾むし、教室に行くと技術もあがります。

習った技術でプレゼントを自分で作る事もできます。
自分で作ったプレゼントなので、もらった人にも気持ちが伝わって喜んでもらえるでしょう。
もし近くに教室がない場合は、通信講座などを利用すると学ぶこともできます。

tag:

ナチュラルアレンジ・プチバスケット プリザーブドフラワー カーネーション