プリザーブドフラワーについて プリザーブドフラワー

☆プリザーブドフラワーの始め方で困っていませんか?
初心者が簡単に上達するプリザーブドフラワー講座(DVD付)を、初版限定価格で販売中!!
興味のある方はこちら ⇒ プリザーブドフラワー講座

素敵なギフトにお薦めな美しさを宿し続ける生花なのに
枯れないお花を翌日配達



プリザーブドフラワーとは?

プリザーブドフラワーとは、プリサーブドフラワーやブリザーブドフラワーと呼ばれていることもあるようなのですが、正式に言うとプリザーブドフラワーです。

プリザーブドフラワーの由来は、ブリザーブ=「保存する」という意味の英語からきています。

オーガニック系の染料を生花に吸わせ、特殊な加工を施すということでナチュラルな姿や風合いまた鮮やかな花色を長い時間保つ事のできる加工花のことをいいます。

この新しい技術は欧米諸国を中心に発展し、瞬く間に多くのお花好きを魅了してしまい、この花材はアレンジメントの可能性を広げ注目を集めています。


日比谷花壇 バースディキューブ&オルゴールフラワー

プリザーブドフラワーの誕生

フランスのヴェルモント社という会社がプリザーブドフラワーを生み出しました。

ヴェルモント社とは、ベルギーのブリュッセル大学とドイツのベルリン大学が10年間にもわたる共同研究の末、1987年、世界で始めてのプリザーブドフラワーを発表しました。

長寿命の切花製法を1991年に世界特許認定を取得しました。
枯れることがないといわれている画期性と、多くのカラーバリエーションがアレンジメントの可能性を広げたことで、クリスチャン・トルチュ氏やケネス・ターナー氏などヨーロッパの有名なフラワーアーティストがぞくぞくと作品に取り入れて、瞬く間に有名になりヨーロッパ全土に広まりました。

日本でも花業界から話題を呼び、有名になってメモリアルギフト、ディスプレイフラワーとしてたくさんの人気を呼んでいます。


プリザーブドフラワーアレンジ・カラフル

プリザーブドフラワーのブーケ

プリザーブドフラワーの中で一番人気が高いのは、やはりブーケだと思います。

お祝い、プレゼントなどに、自分で作ったブーケをプレゼントとして知り合いに送ってみましょう。
プリザーブドフラワーは生花じゃないのでかなり長持ちします。

でも、触ると、柔らかくて、フワフワした質感です。
しかも、プリザーブドフラワーの花材は生花でできているので、世界にひとつだけのブーケです。
そんなブーケですが、みなさんどうやって作っているのでしょう?

材料さえ揃っていればあんがい簡単です。
プリザーブドフラワーは、花びらや葉などにワイヤーで処理をしたものを使っていきます。
これさえあれば、あとの作業は簡単です。

ワイヤーで花材を組み上げてブーケにしていくのです。
慎重に作業すれば、花びらが落ちたり折れたりするということはありません。

外側のワイヤー部分ですがリボン等で巻けば、とても綺麗なブーケができあがります。
完成するとほんとうに、プリザーブドフラワーの感動する瞬間だと思います。

ほとんどの方が、プリザーブドフラワーを見た瞬間に感動しますが、自分で作ったプリザーブドフラワーだとまたさらに感動が倍増します。
生花を花材にしてブーケを作る。

世界にひとつしか存在しない、このブーケは形も変わることなく置いておけます。
ですから、記念日などには、いつも一緒にいられますね。
みなさんも一度、プリザーブドフラワーでブーケを作って感動する瞬間を味わって見てくださいね。


マダムローズ プリザーブドフラワー アレンジメント 

プリザーブドフラワーでコサージュを作ろう

皆さんもぜひ、プリザーブドフラワーでコサージュを作ってみましょう!

本物の生花そのもののように、色が長持ちするということからプリザーブドフラワーはとても人気がでています。

最近ちゃくちゃくと、世界中にプリザーブドフラワーの名が浸透してきましたね。

その中でも特に、プリザーブドフラワーを加工してコサージュにするのが人気になってきているようですね。
コサージュ作成用のキットなどは、東急ハンズなどにも売っています。

加工済みのプリザーブドフラワーはネット上でも買えますし、それ専用の液を購入すれば自分でも作ることができるみたいですね。
この春・夏はまたカゴバッグが流行する当たり年です!!

そんな私もカゴバッグを以前購入したものがあるので、今年また使いまわして使おうと思います。
そこで、私はプリザーブドフラワーを使ったコサージュを作りたいな、と考えています。

造花の花だとどうしても、安っぽくなりそうだし・・・。
その点、プリザーブドフラワーなら花のフレッシュさが、そのまま楽しめますよね。

プリザーブドフラワーバックに付けて歩くだけで、バッグのイメージもガラっと変わります。

何色も持っていたいですね。

プリザーブドフラワーは自分の好きな花で作れるのも嬉しいですし、花の色味はひとつひとつ異なるので他の人とかぶることはないし、とってもおすすめです!!!

やっぱり今年はプリザーブドフラワーのコサージュがきますよ♪♪


ユニローズ・ベージュ プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーでリース

プリザーブドフラワー、アレンジメントなどについて紹介します。

フラワーアレンジメントは、西洋版生け花です。
バスケットなどの花器に盛ったものや、結婚式に使うブーケ、クリスマスなどに壁や玄関に飾られているリース、コサージュなどなど、いろいろな花をアレンジしたものをいいます。

英国式フラワーアレンジメントや、フレンチフラワーアレンジメントなどというものがあり、ホリゾンタル(水平型)、360度見せるラウンド(ドーム)型のものや、三方向から見せるトライアンギュラー型といった型があります。
和風の花をイメージしたアレンジメントもありますが、デザイナーさんの感性の素晴らしさに思わず感動してしまいます。

駅前の花屋さんで新鮮な季節感いっぱいのミニブーケなど、店頭で売っているものに、思わず手に取って見入ってしまう人もいるでしょう。

お値段も小さなアレンジメントで350円くらいのものから、数千円、数万円の豪華なものまでいろいろあります。

フラワーアレンジメントされた花束は、お誕生日、お見舞い、開店祝い、ご結婚祝いなどなどプレゼントとして多く活用されています。

枯れるのがもったいなくなるほどの、とってもきれいなフラワーアレンジメントです。
アレンジメントを写真に撮って、カードにして友人に贈るのも素敵ですね。

皆さんもプリザーブドフラワーを使って部屋をリースなどで飾ったり友人にプレゼントしてみてください。
必ず喜ばれる事まちがいなしですよ。


お花を摘みに プリザーブドフラワー 誕生日:プレゼント

プリザーブドフラワーのアレンジ

プリザーブドフラワーについての基礎知識を学びましょう。
呼び方、歴史、特徴、アレンジに必要な道具を紹介していきたいと思います。

プリザーブドフラワーとは何でしょう?
プリザーブドフラワーやブリザーブドフラワーなどと呼ばれることがあるみたいですが、保存する,長持ちさせると言う意味からプリザーブドフラワーという呼び方が一般的な呼び方のようです。


1991年にフランスで誕生し、プリザーブドフラワーは1996年頃日本に輸入され始めました。
今では全国的に普及していて、お花屋さん、インターネットなどでも手軽に入手することが出来ます。

プリザーブドフラワーの特徴
プリザーブドフラワーの一番特徴的なところはやっぱり生花のみずみずしさを維持しつつ、長期間手軽なケアで楽しめることですね。


ブリザーブド溶液を生花に吸わせ作られているので、一般的なドライフラワーとは違って、生花本来のフレッシュかんとドライフラワーの育てやすさ、長持ちするといった長所をすべて兼ね備えています。
今じゃこの魅力的な特徴から様々な人々から注目を集めています。


ブリザーブドフラワーアレンジで使用する道具たち。

●グルーガン
 グルースティックと呼ばれる接着剤を温め、細かな部分の接着に使用する道具。

●フローラルテープ
 ワイヤーを隠して、茎の雰囲気を表現する道具。

●ドライ用フォーム
 アレンジの形によって選ぶものです。

●ハサミ
 フラワーデザイン用のものを使用します。

●ワイヤー
 使用目的によって太さが変わってきます。


ユニローズ・ティックピンク プリザーブドフラワー

和風のプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーは自然の生の花やグリーンを使って、一度色抜きをした後に、オーガニックの保存液を吸わせ乾燥させたもののことを言います。

造花と違ってリアルな花びらがとっても魅力的で、ドライフラワーと違って瑞々しさを感じることができるのです。
しかし欠点はほかの花と比べてちょこっとお値段が高いことかな。


そしてプリザーブドフラワーは10年持つとたまに書いてあることがあるんですが私がプリザーブドフラワーを使ってきた印象では3年目くらいから色抜けが目立ち始めますね。

ですので、持って3年くらいと思っておいた方がいいとおもいますよ。

あと、最近、和風を意識したアレンジメントのプリザーブドフラワーが増えてきたように思います。
やはり日本には活け花の文化があるので、考えてみたら日本で人気が出るのは当然なのかな?

ドライフラワーだとプリザーブドフラワーのようにならないですし。
生花のようなみずみずしいプリザーブドフラワーだからこそなんですよね。

和風のプリザーブドフラワーは、日本風のインテリアデザインにとっても似合うのはもちろんですが、なぜか、洋風のインテリアにもあってしまいとても落ち着きます。

和風プリザーブドフラワーはどんなインテリアでもインテリアのおさまりがすごくいいとおもいます。

自我を主張しすぎずに、はかなげに、でもしっかり美しく。
とっても純和風な和風プリザーブドフラワーです。


ユニローズ・ライトピンク  プリザーブドフラワー

札幌でもプリザーブドフラワー

敬老の日のことですが。
私がまだ、20代の頃は、50過ぎの人を見るとあぁ〜おじいさんだなって感じていました。
ましては60過ぎの人などは。。。

敬老の日にプリザーブドフラワーをプレゼントしてみましょう。
殆どの方が東京、大阪の人でしたが私は札幌です。

私はこちらをおススメします♪
大阪の靱本町にあるお花屋さんです。

花びらにメッセージを入れられる、とってもオシャレなんです。
わたしは花屋をしているのですが・・・なぜ花キューピットを利用しないのか???

よくお客様にきかれますが。
理由を説明すると、こういうことです。
例えば、私の花やで5千円の花束を見たお客様が、お客様がこれを花キューピットで贈って欲しいといわれたとします。

当然ながら私のところで作った花束ではありませんよね。
お客様のお届け先に近い花屋さんへ連絡がはいって、そこで花束を作ってお届けさせていただくことになります。

本部経費などもかかり、私のところへの手数料、請け負った花屋さんの利益になります。
それに札幌と東京では相場もまったく違う時もあります。

しかも花屋さんの好みなども違うとおもいます。

結局最終的には5千円の花束が届くと思っていても、実際には届いたときには3千円位かと思います。

これが、私が「花キューピット」受けない理由です。

みなさんガーベラって知ってますか?
ガーベラの花を専門に取り扱っている花屋さんなんですが。
千葉へ行く事があればぜひ寄りたいお店です。



プリザーブドフラワーアレンジ・華