プリザーブドフラワーのアレンジ プリザーブドフラワー

☆プリザーブドフラワーの始め方で困っていませんか?
初心者が簡単に上達するプリザーブドフラワー講座(DVD付)を、初版限定価格で販売中!!
興味のある方はこちら ⇒ プリザーブドフラワー講座

素敵なギフトにお薦めな美しさを宿し続ける生花なのに
枯れないお花を翌日配達



プリザーブドフラワーのアレンジ

プリザーブドフラワーについての基礎知識を学びましょう。
呼び方、歴史、特徴、アレンジに必要な道具を紹介していきたいと思います。

プリザーブドフラワーとは何でしょう?
プリザーブドフラワーやブリザーブドフラワーなどと呼ばれることがあるみたいですが、保存する,長持ちさせると言う意味からプリザーブドフラワーという呼び方が一般的な呼び方のようです。


1991年にフランスで誕生し、プリザーブドフラワーは1996年頃日本に輸入され始めました。
今では全国的に普及していて、お花屋さん、インターネットなどでも手軽に入手することが出来ます。

プリザーブドフラワーの特徴
プリザーブドフラワーの一番特徴的なところはやっぱり生花のみずみずしさを維持しつつ、長期間手軽なケアで楽しめることですね。


ブリザーブド溶液を生花に吸わせ作られているので、一般的なドライフラワーとは違って、生花本来のフレッシュかんとドライフラワーの育てやすさ、長持ちするといった長所をすべて兼ね備えています。
今じゃこの魅力的な特徴から様々な人々から注目を集めています。


ブリザーブドフラワーアレンジで使用する道具たち。

●グルーガン
 グルースティックと呼ばれる接着剤を温め、細かな部分の接着に使用する道具。

●フローラルテープ
 ワイヤーを隠して、茎の雰囲気を表現する道具。

●ドライ用フォーム
 アレンジの形によって選ぶものです。

●ハサミ
 フラワーデザイン用のものを使用します。

●ワイヤー
 使用目的によって太さが変わってきます。


ユニローズ・ティックピンク プリザーブドフラワー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/9959693
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック